テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー USモデル

USモデル発売開始

USモデルの方は、M6D-TYPEドライバーも発売されています。M2 D-TYPE、M4 D-TYPEと同じように、ドローバイヤスが入ったモデルとなります。USモデルのD-TYPEシリーズのドライバーは、日本国内では発売されないものの、地味に高い人気があります。

 

テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー USモデル

ソールの写真です。写真では判り難いですが、インナーウェイト(ヘッド内部のオモリ)が取り付けられており、ドローバイヤスの強い、捉まりの良いドライバーヘッドとなっています。

ソールの写真からは判別できませんが、ヒール側の赤い文字でD-TYPEと描かれている辺りにインナーウェイトが配置されており、重心角(重心アングル)を大きくさせて、ヘッド軸慣性を効かせています。ドローバイヤスを効かせた、捉まりの良いヘッド構造となっており、ドローボールが打ちやすい構造となっています。

スポンサーリンク

テーラーメイド M6 D-TYPE ヘッドクラウン

従来のMシリーズと同じようにカーボン素材が使用されており、ツートンカラーを引き継いでいます。ヘッド後方は赤いラインが描かれており、ヘッドの輪郭が識別できるようになっています。意外とフォロースルーでは、ヘッドのお尻を見ながら、押し込むというゴルファーも多いので、赤いラインがあると振りやすくなりそうです。

スポンサーリンク

テーラーメイド M6 D-TYPE フェース

フェース形状は今まで通り、シャローな形状となっており、フェースの真ん中でボールを打ちやすい形状となっています。ツイストフェースを搭載しつつ、新しい構造として、スピードインジェクテッドが追加されました。スピードインジェクテッドはフェース面裏側に特殊な樹脂が配置されており、フェースの反発力を高めています。

アジャスタブルホーゼル

アジャスタブルホーゼルがあるので、シャフトをリシャフトもし易いという利点もあります。とにかく、D-TYPEドライバーは、捉まりが良いので、スライスを減らして、直進性の高いボールが打てます。従来のM2ドライバー、M4ドライバーではいまいち捉まらないという人が、D-TYPEドライバーを使ったら良い感じに捉まったボールが打てる、ドローボールが打てるようになったという話はよく聞きます。2019年 テーラーメイド M6 D-TYPEドライバーも捉まり重視のドライバーとなっています。

スポンサーリンク

基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9度、10.5度、12度
  • 長さ:45.75インチ
  • ライ角:56~60度
  • バランス:D3
  • グリップ:47グラム / 0.6 / ラウンド

特長

  • ツイストフェース
  • スピードインジェクテッド
  • ハンマーヘッド2.0
  • ドローバイヤス

標準装着シャフト

  • *Project X EvenFlow MAX 45 (Standard)

PROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45

50グラム台でトルクも5.0以上ありますので、USモデルに装着されるシャフトとしては、けっこうソフトスペックとなっています。ですが、手元調子となっているので、意外とトルクが少ない、撓らない感じがする、硬く感じるシャフトとなっています。

もともとD-TYPEは捉まりが良いので、シャフトのトルクが大きいと、ヘッドが走って捉まり過ぎるのをシャフトで予防しようとしています。

フレックス シャフト重さ トルク
S(6.0) 53 5.6
R(5.5) 52 5.6
A(5.0) 51 5.6

その他、装着できるシャフトも紹介していますので、参考にしてください。
テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー 装着可能シャフトの紹介

 

テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー 詳細動画

 

その他、装着可能シャフト

  • Aldila QUARANTA Blue 40
  • Aldila Rogue Silver 60
  • Aldila Rogue Silver 70
  • Aldila SYNERGY Blue 50
  • Aldila SYNERGY Blue 60
  • Aldila X-Torsion Copper 60
  • Aldila X-Torsion Copper 70
  • Fujikura Atmos Black 6
  • Fujikura Atmos Black Tour Spec 6
  • Fujikura Atmos Black Tour Spec 7
  • Fujikura Atmos Blue Tour Spec 6
  • Fujikura Atmos Blue Tour Spec 7
  • Fujikura Atmos Orange 5
  • Fujikura PRO 2.0 5
  • Fujikura PRO 2.0 6
  • Fujikura PRO 2.0 TOUR SPEC 6
  • Fujikura PRO 2.0 TOUR SPEC 7
  • Fujikura PRO 2.0 TOUR SPEC 8
  • Design Tour AD DI-6
  • Design Tour AD DI-7
  • Design Tour AD IZ-4
  • Design Tour AD IZ-6
  • Design Tour AD IZ-7
  • Design Tour AD TP-6
  • Mitsubishi Basara E42
  • Mitsubishi Kuro Kage DC TiNi 60
  • Mitsubishi Tensei CK Blue 60
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60
  • Mitsubishi Tensei CK White 60
  • Mitsubishi Tensei CK White 70
  • Mitsubishi Tensei Pro Orange 60
  • Mitsubishi Tensei Pro Orange 70
  • Mitsubishi Tensei Pro White 60
  • Mitsubishi Tensei Pro White 70
  • Project X EvenFlow Black 65
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Project X EvenFlow Blue 55
  • Project X EvenFlow Blue 65
  • Project X EvenFlow MAX 50
  • Project X EvenFlow White T1100 65
  • Project X HZRDUS Black 65
  • Project X HZRDUS Black 75
  • Project X HZRDUS Smoke 60
  • Project X HZRDUS Smoke 70
  • Project X HZRDUS Yellow 65
  • Project X HZRDUS Yellow 75
  • UST Helium 4
  • UST Helium 5
  • UST PROFORCE V2 6
  • UST PROFORCE V2 7
  • UST PROFORCE V2 8
  • UST PROFORCE V2 HL 5

 

テーラーメイド 2019年モデル M5、M6 ドライバー・フェアウェイウッド関連記事

Scroll Up
USモデルのゴルフクラブ紹介 | ツアー支給品 | M6 D-TYPE