USモデルのゴルフクラブを購入するにあたって

スポンサーリンク

USモデルのドライバーは、日本国内で販売されているドライバーと異なる面が幾つかあります。USモデルのドライバーを購入される場合は、日本国内で発売されているドライバーとのスペックの違いを知っておくと良いです。

 

USモデルのドライバーは、ネット通販で購入ができます。なかには、USモデルの専門ショップあり、ネット通販で簡単に注文をすることができます。その場合は、海外から発送してもらう形となります。日本に居ながら、海外のドライバーが購入できるというのは、とても便利な時代になりました。

USモデルと日本仕様のゴルフクラブの違い、USモデルの購入方法などを紹介します。

主には、フェアウェイゴルフさん で USモデルを購入した場合のことを紹介します。

 

USモデルはシャフトが違う

よく言われるのは、USモデルのゴルフクラブは難しい、ハードなセッティングとなっているという言葉です。実際のところ、ゴルフクラブとしての仕様は日本で販売されているモデルと大差ありません。

もっとも顕著にスペックが違うのはシャフトです。

USモデルは海外で発売されているドライバーですので、標準装着されるシャフトが硬質で重いということが多くあります。つまり、シャフトが日本人向けの柔らかくて軽いシャフトになっていませんので、注意が必要です。USモデルを購入してリシャフトを考えているのであれば問題はありません。

また、USモデルのドライバーを購入する際に、カスタムシャフトを選択できることもあります。そういった場合には、自分が振り切れるシャフトを選択して注文すると良いです。

その他、シャフトだけでなく日本国内では発売されてないようなヘッドのデザイン、カラーリングとなっている場合もあります。

2018年版・USモデルのゴルフクラブに関して

 

USモデルは日本未発売モデルがある

USモデルのドライバーの面白いところは、日本未発売のドライバーが購入できるというところです。人とは違ったドライバーを使いたい、周りの人と同じドライバーは嫌だという人に向いていますし、自分の個性・オリジナリティを演出して周りのゴルファーと差をつけることもできます。

日本未発売だったドライバーの例としては、フィル・ミケルソンが使用していたキャロウェイ XR16 サブゼロドライバーがあります。ヘッド体積440cc で 超低重心で浅重心のドライバーでした。こちらは、日本では発売されることはりませんでした。そして、キャロウェイのミニドライバー Bertha Mini 1.5 というヘッドが小さめのミニドライバーも日本では発売されませんでした。USモデルを専門的に扱っているネットショップであれば、このような珍しいドライバーを購入することもできます。

 

USモデルのドライバーは安い

USモデルのドライバーは、日本で購入するよりも少し安いというのが魅力的です。同じモデルを日本国内で購入しようとした場合、ドライバー1本 80,000円前後 が USモデルのドライバーは、50,000円弱で購入することができます。このコストパフォーマンスは魅力的です。USモデルを個人輸入で購入する場合には、為替の変動によって金額が変わることがあります。

為替レートの影響に関して

 

USモデルのドライバー購入時に必要な金額

USモデルのドライバーを海外から発送してもらって購入する場合には、どのような金額が必要になるのか不安になる面もあるかと思いますので、あらましを紹介します。USモデルのドライバーを海外発送してもらう場合は、商品代金、送料、税金が必要なります。

商品代金
商品代金は購入したUSモデルのドライバーの代金です。

送料
送料は海外から日本へ配送するための料金です。購入金額によっては送料込みとなっている場合もあります。

税金
税金はアメリカから日本へ商品を配送してもらう際に発生する税金です。商品総額の約60%に対して5%の消費税が発生します。これは、自宅まで商品を届けてくれた、運送会社に現金でお支払するという形となります。USモデルのドライバーを海外から輸入して購入することになりますから、個人輸入ということで税金が課せられます。

関税
関税は、関税が発生するのは、皮製のグローブ、シューズ、ヘッドカバーなどです。ゴルフバッグにも課せられることもあります。

 

配送方法と配達日数

アメリカから日本へ商品が発送されます。空輸で成田に到着します。税関を通り、成田から自宅まで配送されます。
配達日数は5日間から10日間程ですが、お住いの地域、天候状況によって異なる場合があります。

自宅で商品を受け取る際に、税金を現金にて配達時に支払うという形となります。税金は送料という名目で徴収されることもありますので、勘違いしないように注意されると良いです。クロネコヤマトの航空便にて発送されますので安心です。

 


 

関連記事

スポンサーリンク
Scroll Up
USモデルのゴルフクラブ紹介 | ツアー支給品