ツアー支給 ドライバーヘッド USモデル

スポンサーリンク
更新:

ツアー支給品 ドライバーヘッド、フェアウェイウッド、アイアンの紹介です。オークションなどで本物かどうか判りませんが、出品されているのを見かけます。こちらで紹介をするのは、フェアウェイゴルフUSAさんが販売する本物のツアー支給品、ツアー用のドライバーヘッドとなります。アメリカはカリフォルニア、ゴルフの聖地にショップがありますし、本物のツアー支給のヘッドが取り揃えられています。信頼度は抜群です。ヘッドのみ販売となっていますが、希望のシャフトを装着することも可能です。

 

 

ツアー支給品とは?

反発係数、寸法制度、強度、重心位置などは細かく測定されており、一般的に市販されているドライバーヘッドとは別格です。実際にプロゴルファーが、使用している精度の高い仕様となっています。表示数値、実測数値の誤差が殆どありません。精密な仕様となっています。

 

 

Hot Melt Port(ホットメルトポート)

Hot Melt Port(ホットメルトポート)は、重量調整用の穴のことです。別名、ウェイトポートとも呼ばれています。その穴から、重さ調整用のジェルを注入したりして、微妙なヘッドの重さ調整を行うことができるようになっています。これもツアー支給品だからこその構造です。一般的に市販されているドライバーには、ありません。

 
ツアー支給品 ドライバーヘッドは、ホットメルトポートが設けられたヘッドが多くあります。細かな重量調整などが可能な、完全カスタムで一般的に市販されていないツアー用のドライバーヘッドとなります。

 

 

精密なCT値にチューニングされたフェース面

ツアー支給品のドライバーは、フェース面の反発が高くなっています。ルール適合内で、反発を高めており、一般的に市販されているドライバーとは、別格の反発となっています。ツアー支給品のCT値(反発係数)は、概ね CT244~(反発係数0.8296)くらいまでが多いと言われています。CT257にすると反発係数が0.8301となり、0.83を超えてしまいルール不適合となるからです。

また、ツアー支給品の場合は、CT値(反発係数)が明記されていることも多くあり、本当のフェース面の反発力を知ることができるというメリットがあります。一般的に市販されているドライバーの場合は、明記されていることは殆どありませんし、概ね反発力が高いというしょうな紹介のされかたをしています。

ツアー支給のドライバーの殆どは、反発係数が高いということであり、フェース面の弾きが強いということです。もっと簡単に言うと、飛ぶということです。

 

 

テーラーメイド M4 ドライバー ツアー支給品

ゴルフの本場、カリフォルニアからフェアウェイゴルフが販売する本物のツアー支給品のドライバーヘッドです。テーラーメイドM4ドライバーツアー支給品が登場しました。CT値が245-247となっており、反発係数に換算すると0.8248、0.8257となっており、ルールで定められている反発係数0.830に限りなく近い仕様となっています。模造品対策のために、写真ではシリアル番号を消してあります。CT値が245 – 247 となっており、反発係数に換算すると0.8248、0.8257となります。ロフト角は、幾つかありますので、選択できます。従来のM4ドライバーとは、別次元のハイスペックな仕様となっています。

CTA:247 / CTA:245
右利きのみ
ロフト角:8.5(8.0)、10.5(10.2)
重さ:196.8グラム

 

 

テーラーメイド M3 ドライバー ツアー支給


ゴルフの本場、カリフォルニアからフェアウェイゴルフが販売する本物のツアー支給品のドライバーヘッドです。M3 ドライバーのツアー支給品です。CT値が245、247 となっており、反発係数に換算すると0.8248、0.8257となります。ルールギリギリの反発係数となっています。ヘッド体積440ccのM3ドライバーです。

  • 10.8度 / 440cc

 

 

テーラーメイド M2 フェアウェイウッド ツアー仕様

2018/1/14 追加

 

ツアー仕様のフェアウェイウッドです。3番ウッドのヘッド2種類です。どちらもCT値(反発係数)が、高くなっており、反発係数にすると、0.810超えとなっています。日本製のフェアウェイウッドで、反発係数を公表していて、高めの数値となっているのが、ヤマハです。ヤマハが、反発係数0.810となっています。それよりも、反発係数が高いウッドとなっています。ハードに叩きにいけるゴルファーは、フェース割れ要注意です。

M2 FW TOUR #3/15.5

  • 番手:3番
  • ロフト角:15度(リアルロフト:15.5度)
  • ライ角:60度
  • FA:0.5
  • ヘッド重量:209.3グラム
  • CT値227(反発係数 0.8170)

M2 FW TOUR #3/18.3

こちらのモデルは売り切れました

  • 番手:3番
  • ロフト角:16.5度(リアルロフト:18.3度)
  • ライ角:59.5度
  • FA:3.4
  • ヘッド重量:217グラム
  • CT値224(反発係数 0.8157)
  •  

     

     

    テーラーメイド エアロバーナー ツアー仕様 ヘッド

     
    アメリカPGAツアー用のヘッド。未市販完全プロトタイプです。
    ネックには、ツアー支給品専用のシリアルナンバー入りです。
    反発係数は可能な限り高くなっています。

    ヘッドには、Hot Melt Port(ホットメルトポート)が設けられています。
    Hot Melt Port(ホットメルトポート)は、重さ調整用のための穴です。

    売り切れました

     

     

    テーラーメイド 2017年 M2 ドライバー ツアー仕様

    CT値244~244 反発係数高めのツアー支給品


     

    既に、2017年モデル M2 ドライバーのツアー仕様 ヘッドが販売されています。ロフト角は 9.5、10.1、10.5 から選択することができます。ヘッドのみ販売です。基本ヘッドのみとなっています。ロフト角10.1度のモデルは売り切れました。

    右利きのみ
    ロフト角:9.5、10.1、10.5

    CT値244~244となっていますので、反発係数に換算すると 0.8244~0.8248前後になります。従来のドライバーでは、考えられない程に反発係数が高くなっています。これだけで、飛ばせます。

     

     

    テーラーメイド 2017年 M1 ドライバー ツアー仕様

    ロフト角9.5°ヘッド体積440cc、または ロフト角9.5°ヘッド体積460cc どちらか選択できます。基本ヘッドのみとなっていますが、希望のシャフトがあれば装着可能。

     

     

     

    テーラーメイド M1 ドライバー ツアー

    基本ヘッドのみとなっていますが、希望のシャフトがあれば装着可能。

     

    売り切れました

     

     

    テーラーメイド RBZ アイアン ツアー

    RBZは少し前のアイアンですが、まだまだ現役で使えます。3番~9番のセットとなっており、基本的にはヘッドのみとなっております。希望のシャフトがあれば装着可能。

     

     

     

    テーラーメイド ツアー支給品 フェアウェイウッド ヘッド

    ツアーモデルのフェアウェイウッドではありません。ツアー支給品であり、ツアープロ向けに作られたヘッドとなります。M1フェアウェイウッド、M2フェアウェイウッド のヘッドがあります。 HL は High Launch の 略で打ち出し角度が高くなるようにロフト角の数字が大きくなっています。ツアー支給品であるが故に3番ウッドのロフト角が13°というのもあります。逆にHLは16.5°となっています。とても珍しいです。従来の市販されているフェアウェイウッドよりも小ぶりヘッドサイズで、少しディープになっています。基本的にはヘッドのみ販売ですが、希望シャフトがあれば装着可能。

     

    スポンサーリンク
    Scroll Up
    USモデルのゴルフクラブ紹介 | ツアー支給品