キャロウェイ ローグ シリーズ 3種類の違い説明

スポンサーリンク
更新:

キャロウェイ ローグ シリーズの違い説明

キャロウェイ ローグシリーズには、ローグ・ドロー、ローグドライバー、ローグ・サブゼロの三種類のヘッドがあります。それらの違いを説明しますので、ドライバー選びの参考にしてください。それぞれ、ウェイトの配置を変更することで、重心位置を操作しています。重心位置が変わると、打ち出される弾道も変わってきます。自分に合ったローグを見つけてください。

 

ROGUE DRAWPHOTO:FAIRWAYGOLFUSA

キャロウェイ ローグ ドロー ドライバー USモデル

捉まり重視のモデル

捉まりを重視したモデルとなっており、ヒール側にウェイトが配置されています。ネック軸周りの慣性を高めることで、ヘッドローテーションを優しくしているモデルです。日本製では、ローグ スター ドライバーと名付けられています。ネック軸近くのウェイトは、USモデルの場合は、5グラムです。

ROGUE DRIVERPHOTO:FAIRWAYGOLFUSA

キャロウェイ ローグ ドライバー USモデル

捉まり抑えたモデル

捉まりを抑えたモデルとなっており、フック持ち、チーピンを嫌うゴルファー、左へのミスを気にする人に向いているモデルです。フェード打ち用とも呼ばれています。当たり前のようにフェード(スライス)が打てるのではなく、フック持ちの人が叩きにいって、ストレートに近い弾道が打てる感じで、捉まりを抑えています。

ROGUE SUBZERO DRIVERPHOTO:FAIRWAYGOLFUSA

キャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバー USモデル

低スピンモデル

ヘッドスピードが速いゴルファー向けのモデルです。バックスピン量を減らして、強いボールが打てる構造となっています。写真では判り難いですが、浅重心となっており、けっこうディープフェースです。また、構えた時には、若干ですがフェースが逃げ顔となっています。USモデルの場合、ヘッド後方のウェイトが2グラム、フェース面寄りのウェイトが14グラムとなっています。14グラムのウェイトを全面に配置しているので、相当に浅重心となっていることが想像できます。

 

関連記事

スポンサーリンク
Scroll Up
USモデルのゴルフクラブ紹介 | ツアー支給品