キャロウェイ ローグ USモデル | Callaway Rogue 2018年モデル

スポンサーリンク

キャロウェイ ローグ USモデルが、フェアウェイゴルフさんにて、注文できるようなりました。キャロウェイ ローグシリーズは、大きく3モデルあります。ローグ・ドライバー、ローグ・ドロー・ドライバー、ローグ・サブゼロです。それぞれ、特長がありますので、自分の打ち方、目指しているゴルフに合わせてチョイスできます。

 

 

キャロウェイ ローグ シリーズの違い説明

キャロウェイ ローグ シリーズは、3種類のヘッドがあります。それぞれ、ウェイトの配置が異なっており、ウェイト位置を変えることで、重心位置を変更しています。それぞれ、特長があります。

ローグ ドライバー
捉まりを抑えたモデル
フック持ち、チーピン嫌いな人向け
フェード用とも言える

ローグ ドロー
捉まり重視のモデル
スライス減らしたい人向け
捉まったボールを打ちたい人

ローグ サブゼロ
浅重心で低スピンが打てるモデル
ヘッドスピードが速い人向け

詳しくは以下のページに説明をしていますので、併せて読んでみてください。

 

 

 

 

キャロウェイ ローグ ドロー USと日本製の違い

キャロウェイ ローグ ドロー ドライバーのUSモデル、日本製モデルの違いを説明しています。ウェイトの重さなど微妙に差異があります。詳細は以下のページにて説明をしていますので、併せて読んでみてください。

 

 

 

 

キャロウェイ ローグ ドロー ドライバー USモデル

2018年 ローグシリーズの中でも最も人気があるのが、ローグ ドロー ドライバーです。日本製の場合は、ローグ スター ドライバーと名付けられています。

ローグ ドロー ドライバーは、従来のローグドライバーよりも捉まりが良くなっているモデルです。写真を見て判る様に、ヒール側にウェイトが配置されていることと、重心距離が短くなっているモデルです。インパクト時のフェースの開きを防ぐ構造となっています。スライスに悩むゴルファーに向いています。叩きに行けるゴルファーにとっては、チーピンしか出ない可能性がありますので、注意してください。

PHOTO:FAIRWAYGOLFUSA
スポンサー広告

日本製ローグに装着されるシャフトスペックとの比較、日本製との違いを紹介していますので、USモデル購入を検討されている人は、参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 

キャロウェイ ローグ ドライバー USモデル

日本製では、キャロウェイ ローグ ドライバーとなります。GBB EPIC に搭載されていた、ジェイルブレイクテクロノジーを、引き継いでさらに優しく打てるドライバーとなっています。究極のボールスピードと究極の優しを追求したドライバーとなっています。

シャフトの選択肢も増えており、アルディラのクランタ、シナジーシリーズ、プロジェクトエックスからは、ハザーダスなどが選択できるようになっています。

PHOTO:FAIRWAYGOLFUSA

 

 

 

 

 

キャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバー USモデル

日本製では、キャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバーとなります。ソールの写真を見てわかるように、ウェイトがフェース面寄りとなっていることから、重心深度が浅くなっており、低スピンで強いボールが打てるモデルとなっています。パワーのあるゴルファー向けとなっています。

PHOTO:FAIRWAYGOLFUSA

 

 

 

 

 

シャフトスペック詳細

今年のキャロウェイは、シャフトの選択肢が増えており、ソフトスペックなシャフトも選べるようになっています。

 

Aldila QUARANTA 40

40グラム台の軽量なシャフトです。USモデルとしては、かなり軽量なシャフトとなっています。非力なゴルファー、レディースゴルフ向けのシャフトです。また、クラブ総重量を軽くしたいという人に向いてます。

フレックス 重さ トルク
L 43 6.9
A 44 6.8
R 45 6.7

 

シャフトスペック詳細 関連サイト
Aldila QUARANTA 40 詳細(英語)

Aldila QUARANTA 40 装着可能なモデル

  • キャロウェイ ローグ ドロー ドライバー USモデル
  • キャロウェイ ローグ ドライバー USモデル

 

Aldila SYNERGY 50

50グラム台の標準的なシャフトです。一般的な重さのシャフトとなります。フレックスAで、日本製のフレックスSと同じくらいから、少し重くて硬いくらいのスペックとなっています。

フレックス 重さ トルク
A 56 5.2
R 58 5.2
S 60 5.2

 

シャフトスペック詳細 関連サイト
Aldila SYNERGY 50 詳細(英語)

Aldila SYNERGY 50 装着可能なモデル

  • キャロウェイ ローグ ドライバー USモデル
  • キャロウェイ ローグ サブゼロドライバー USモデル

 

Aldila SYNERGY 60

パワーのある人向けのシャフトです。

フレックス 重さ トルク
A 65 4.7
R 66 4.7
S 68 4.7
X 70 4.7
TX 68 3.2

 

シャフトスペック詳細 関連サイト
Aldila SYNERGY 50 詳細(英語)

Aldila SYNERGY 60 装着可能なモデル

  • キャロウェイ ローグ ドライバー USモデル
  • キャロウェイ ローグ サブゼロドライバー USモデル

 

 

 

 

キャロウェイ ローグ フェアウェイウッド

フェアウェイウッドの方は、3番ウッド~9番ウッドまでラインナップされています。去年と同様に、3番ウッドの方は、日本未発売のロフト角13.5度がありますので、飛び指数が高くなっています。狭いホールのティーショットなどでも活躍してくれます。

ローグ アイアン USモデル

2018年のキャロウェイ アイアンは、3モデルあります。アイアンのUSモデルも人気があります。

フェアウェイウッド

日本未発売のロフト角13.5度の3番ウッドがあります。飛び指数高いウッドが、キャロウェイの魅力でもあります。

 

 

 

 

キャロウェイ ローグシリーズ一覧(アイアン、フェアウェイウッド、ハイブリット)

ドライバーだけではなく、アイアン、フェアウェイウッド、ハイブリットも販売されておりますので、チェックしてみて下さい。フェアウェイウッドの方は、日本未発売のロフト角13.5度の3番ウッドもあります。従来の3番ウッドは、ロフト角が15度前後となっていますが、USモデルでは、13.5度がありますので、狭いホールやサービスホールのティーショットでも活躍できます。

キャロウェイ ローグ アイアン USモデル

 

スポンサーリンク
Scroll Up
USモデルのゴルフクラブ紹介 | ツアー支給品