スライスを減らすUSモデルのドライバー

スポンサーリンク

スライスというのはゴルファーの宿命であり、天敵でもあります。スライスボールというのは、ボールが右に曲がってしまうことです。この、スライスボールというのは飛距離が出ませんし、転がりも少ないです。スライスボールは、飛び出したボールが途中で曲がってしまうので、飛距離が大きく落ちてしまいます。スライスを完全に無くすことは難しいですが、スライスを軽減させることができれば、それだけで飛距離アップすることができます。

USモデルのドライバーの中には、日本国内では発売されていない、捉まり重視のドライバーがありますので、紹介します。

テーラーメイド 2017年 M2 D-TYPE ドライバー


フェアウェイゴルフUSA

 

従来のM2ドライバーは、お世辞にも捉まりが良いと言えるドライバーではありません。若干、フェースがオープンとなっています。ロフト角が調整できますので、ロフト角調整時にフェースのアングルを多少ですが調整することはできます。

D-TYPE というのは、ドローバイヤスが設けられているという意味です。従来のM2ドライバーよりも重心角が多く入っており、ヘッドが返りやすい仕組みになっています。また、ソール側に取り付けられたウェイトは、ヒール側に配置されています。そして、ヒール側のウェイトは重くされており、インパクト時にフェースを閉じやすくなっています。つまり、捉まり重視のドライバーとなっており、右へのミスを軽減するためのドライバーです。捉まえて、ドローボールを打つことができれば、約12ヤードから20ヤードくらいの飛距離アップが望めるという考えです。つまり、ドローボールはランが出ますので、ボールがランディグしたあとも、前方へ転がって、飛距離をかせいでくれるということです。

また、ライ角は従来のM2ドライバーよりも1度だけアップライトとなっており、そのアップライトさからもボールの捉まりを重視していることが伺えます。ただ、M2 D-TYPE ドライバーは、もともと叩きにいけるゴルファーの場合は、強いチーピンが出てしまうことがありますので、自分のスイングと相談することも必要です。

標準装着シャフト
Matrix MFS5 White Tie 55

その他、スペック
ヘッド体積:460cc
ロフト角:9.5、10.5、12
長さ:45.75インチ
バランス:D3
ライ角:57°?61° 可変式

 

 

テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー


フェアウェイゴルフUSA

 

 

 

キャロウェイ ローグ ドロー ドライバー


フェアウェイゴルフUSA

 

スポンサーリンク
Scroll Up
USモデルのゴルフクラブ紹介 | ツアー支給品